TOPΣの学習時間増加に向けた取り組み

お子さまの学力向上と第一志望校合格のためには、まずは学習時間を増やすことが必要です。TOPΣでは創業以来大切にしている「ひとりひとりを大切に」の視点から、お子さまの学習時間を増加させる取り組みを行い、学力を向上させ、第一志望校合格へと導きます。

TOPΣ 学習時間増加の方程式

TOPΣでは合格から逆算したカリキュラムを基に、潤沢な量の宿題を日々お子さまに提示しています。また、京進オリジナル「リーチング学習手帳」を活用し、日々の学習習慣の定着を図ります

宿題は授業のはじめに必ずチェックします。また、中学生はTOPΣ独自の学習アプリ「京進Study」を用いて学習状況を可視化します
授業前にお子さまの学習状況はもちろん、理解度もチェックしています。

TOPΣでは「スパルタ的」に学習時間を増やす取り組みは行いません。「褒める指導」を基本に、お子さまの「やる気」を高めるため、以下のような様々な動機づけを授業内外で行っています。

ひとりひとりに合わせたTOPΣの動機づけ

様々な活動に対して、賞賛の声掛けとともに「いいね!」スタンプを進呈

中学生は、TOPΣ独自の学習アプリ「京進Study」の活用度に応じてポイントが貯まります

校舎対抗でStudy Pointの合計得点を競います

夏・冬の季節講習期間中は、学年ごとに学習時間の目標を設定します。達成者へは表彰状を贈って賞賛します

学年ごとに覚えるべき知識を徹底的に暗記し、テストでその成果を確かめます。満点獲得者全員に景品を進呈!

小学生はリーチングの時間に(中学受験コース)、中学生は成績表返却時などに面談を実施し、お子さまのやる気を高める声掛けを行います

お近くの校舎でTOPΣの雰囲気を体験いただけます。お気軽にお近くの校舎までお問合せください。

投稿日:2024.06.20